キクスドキュメントの
ホームページさ

CLOSE

CONCEPT

日本の職人技術を駆使したAll Made in JAPANのシャツ。

生地、パターン、縫製、加工、全てに物語が宿っています。
肩肘張らずに、本当に良い服を着てほしい。
その着心地の良さから、日本の職人技を感じてほしい。
KICS DOCUMENT.の洋服から、ふとそんな気持ちが伝わる事を願って。

All fabrics, buttons, pattern-making, sewing and finishing are made
and done using the highest techniques of Japanese craftsmanship.

ABOUT US

日本には、海外に誇れる職人技術がたくさんあります。
それは絶対に絶やしてはいけない大切なものです。

KICS DOCUMENT. は日本の職人技術を守り、
継承する足がかりとなるブランドを目指しています。

In Japan, there are a lot of craftsman’s techniques to be proud of abroad.
It is an important thing which must not be wiped out by any means.
This is the concept that I wanted to include in my products so that’s why this brand was created .
Each piece of clothing is made with great care to make you feel comfortable.

Our desire is to expand the works of Japanese craftsmanship by promoting Japan’s traditional and original apparel making skills and techniques in fashion design.
Our hope is that KICS DOCUMENT. can serve as a stepping stone to pass this down to future generations of craftsman.

Science
and
Technology

KICS DOCUMENT. / KHONOROGICAの製品はその全ての技術を総動員した、まさに日本技術の集結の形です。
ブランドコンセプトである『日本の職人技を守り、継承する』ことをこの工場や職人たちと互いにサポートし合うことで実現出来る事は何よりの喜びです。

SHIRT

袖付け
シャツでは他に例を見ない『前振り袖』が最大の特徴。
テーラードジャケットのように袖を前方向に傾けながら縫製(セットイン縫製)することによって、肩〜腕の前方向への運動量が増加、人間の自然な姿勢や動きに心地よくフィットします。

背ヨーク
独自の研究からヨークには『カーブカッティング』を取り入れ、ダーツやタックは一切取らずに肩甲骨の動きに追従する造りに。このカッティングにより生地の伸縮特性が活かされ自然で心地良い着用感が実現しました。

前後身頃の生地配分
前身頃よりも後身頃の生地分量を多くとることにより、後ろから包み込むようなフォルムに。
人間の身体の作りや動作に対し、極力ストレスをかけない構造です。

PANTS

カーブベルト
ウェストベルトには腰に沿ってカーブした形状のパターンを取り入れています。
直立している時だけでなく、人間の自然な姿勢や動きに心地よくフィットするよう工夫が施されています。

尻ぐり
パンツの穿き心地はウェストから尻ぐりの設定が決め手です。
尻ぐりがゆったりとし過ぎた造りでは、生地がたるんで不格好に。タイトにし過ぎると、喰い込み、不快な穿き心地になってしまいます。
バランスを取るのが難しいといわれる部位ですが、試作を重ねて作り上げたパターンの穿き心地は定評を得ています。

JACKET

袖付け
『前振り袖』が最大の特徴。袖付けを前方向に傾けながら縫製することによって、肩〜腕の前方向への運動量が増え、人間の自然な姿勢や動きにスムーズに追従します。また、袖山をあまり高くしない事で自然な肩の丸みにフィットし、堅苦しさを感じさせない造りです。

フォルム
前身頃よりも後身頃の生地分量を多くとることにより、後ろから包み込むような造りに。人間の身体の作りや動作に対し、ストレスをかけません。

芯地
芯地は服の形を形成する上で非常に大事な要素です。
全く芯地を入れなければ、縫製が困難になる為美しく縫い上がらないだけでなく、型崩れを起こしやすくなります。
逆に、芯地を沢山入れれば立派な見え方にはなりますが、重く、あまり着心地の良くないものになってしまいます。
また、どんなに素晴らしい芯地を使用しても、生地との相性が良くなければその効果は発揮出来ません。
KICS DOCUMENT. / KHONOROGICAでは一つ一つ生地との相性を確かめる為に芯試験を重ねた後、保形を担える最低限の芯地のみを選択します。
心地良く、長く着られるジャケットを提供しています。

パターンナー

機能性と共存した身体を包み込むような優しい雰囲気を取り入れるべく、スーツのパターンを得意とする女性パターンナーを起用。
パターン作りの真骨頂といわれるスーツのパターンを中心に、立体的なフォルム作りを得意としています。
KICS DOCUMENT. / KHONOROGICAの特徴であるシャツとジャケットの前振り袖、熟練のパターンナーでも難しいとされる美しく履きやすいパンツに於ける尻ぐりのバランス等、絶妙なセンスとテクニックを持ち合わせています。

着心地や風合いに拘り、生地の多くをデザイナー自ら設計しています。 KICS DOCUMENT. / KHONOROGICAの製品は生地も全てMade in Japanです。

機屋1〉
静岡県浜松市

KICS DOCUMENT. / KHONOROGICAのシャツ生地の多くを手掛ける。綿織物の名産地である浜松に工場を構え、高い技術力と安定した生産管理により、品質・感度共に高レベルの生地を発信し続けています。
オリジナル素材の開発において、欠くことの出来ないパートナーです。
浜松は富士の麓に位置し、流れ込む水が美しいことから綿織物の名産地として発展しました。

〈機屋2〉
大阪府泉南郡

綿織物の名家であり、麻などの異素材の混織も得意としています。
織りだけでなく、染め・洗い・特殊加工技術に長け、常に新しく面白い生地開発に取り組み続けており、独特の風合いや表情を出すセンスは絶妙です。

〈機屋3〉
愛知県一宮市

一宮は毛織物の名産地で、この機屋もトップレベルの老舗の一つです。織機の特性から、通常一宮の機屋さんでは綿織物の生産は殆どしませんが、こちらは毛織物だけでなく様々な素材開発に取り組んでおり、毛織機屋ならではの視点や技術を活かした斬新なアイディアが非常に魅力的です。

KICS DOCUMENT. / KHONOROGICAの製品は、日本国内でも屈指の技術力を誇る工場で縫製されています。

シャツ工場
1968年、県立公園の一画に小さな小屋を建て工場としてスタートしました。
この48年間で、従業員は140名、工場は国内外を含め3つに増え、各省庁や専門機関から縫製に関する様々な賞を受賞するまでとなり、その品質は広く認められています。
KICS DOCUMENT. / KHONOROGICAの特徴でもある立体パターンや「セットイン縫製」「3mm幅の本縫い」「フラシ芯での縫製」の全ての技術を保持する、国内でも数えるほどしかない工場の一つです。
最後のプレス仕上げはシャツの顔を決める重要な工程ですが、微妙な洗いの表情を残したいという難しいリクエストにも応えてくれるという頼もしい存在で、技術だけではない、日本人ならではのきめ細やかさでブランドを支えてくれています。
上品で丁寧な物作りが最大の特徴で、日本から世界に広めたい素晴らしい技術力です。